ロイヤル顧客育成のための5つのStep ~顧客を定義しゴールデンルートをつくる~
見出し画像

ロイヤル顧客育成のための5つのStep ~顧客を定義しゴールデンルートをつくる~

こんにちは。DXnote ディーエックスノートです。

DXnoteでは、企業のDX推進に貢献するため、データ基盤(DWH/CDP)・マーケティング基盤(MA/接客など)の側面から情報発信をしていきます。
※更新情報はTwitterでもお知らせしています。
https://twitter.com/uncovertruth_

前回までは、ファネルにおける各フェーズごとの「転換」に着目し、それぞれの施策を説明してきました。関連性のあるnoteは下記にまとめてありますので、併せてご覧ください☟

今回は、フェーズごとに施策を行うことを踏まえたうえで、これらを顧客のサイクルとして、一連の流れとして進めていく方法についてご説明します!

|ロイヤル顧客育成のための5つのStep

新規顧客→最終的にロイヤル顧客まで育成していくためには、まずは「ロイヤル顧客を定義しゴールデンルートをつくる(知る)」ことが重要です。

「ロイヤル顧客を定義しゴールデンルートをつくる(知る)」とは、ロイヤル顧客の行動や購買商品を初期段階から分析し、ロイヤル顧客になりやすい購買フローを明らかにしていく手法です。CDPで集めたデータを分析し、ロイヤル顧客への再現性を見つけていきます。

画像1

出典 著者名:小畑 陽一 (著), 菊池 達也 (著), 仁藤 玄 (著) 書名:ユーザー起点マーケティング実践ガイド 出版社:マイナビ出版社 出版年:2021 該当ページ:133

|Step.1 ロイヤル顧客を定義

まずは「ロイヤル顧客を定義」します。もうすでに定義している場合は、関係者間でのロイヤル顧客の定義について共通認識を構築しましょう。まだ定義していない場合は、データ分析によりロイヤル顧客を設定してください。☟ロイヤル顧客、顧客ロイヤルティが何かピンと来ていない方はこちらのnoteも併せてご覧ください。

|Step.2 ロイヤル顧客になる新規顧客を獲得

定義の次は「ロイヤル顧客になる新規顧客を獲得」していきます。そのためには、ロイヤル顧客が初回購入時にどのような商品を購入したか、いくらぐらいの金額で購入したかといった傾向を把握していきます。例えば、下記のようなロイヤル顧客の初期の行動として想定されるデータ項目を洗い出して、分析することで傾向を把握してくと良いですね。

ロイヤル顧客の初期行動を捉えるためのデータ例
・定番商品を初回購入時に複数個を購入している顧客
・割引ではなく定価で買っている顧客
・初回購入時にWebサイトでの回遊性が高い顧客

このように、ロイヤル顧客になりやすい顧客の新規時の購買傾向を掴めたら、この傾向にあった新規顧客を獲得していきましょう。

|Step.3 ロイヤル顧客へと育成

「ロイヤル顧客へと育成」は「F2転換」がベースになりますが、単に「リピート購入した顧客」で分析するのではなく「ロイヤル顧客」で分析することで、より継続性の高いリピート促進ができるようになっていきます。

|Step.4 ロイヤル顧客の満足度を理解

「ロイヤル顧客の満足度を理解」することが必要です。特に「離れていった理由」を把握すること、その理由を含めて顧客の声・要望を反映できる仕組みが必要ですね。NPS(Net Promoter Score:他人への推奨度)ではなくVOC(Voice Of Customer:顧客の声)を集め、顧客に寄り添うことで「ロイヤル顧客が何に満足しているか」を把握していきましょう。

さらに、顧客のライフスタイルも合わせて把握することができれば、ロイヤル顧客は「どのような人が」「何に」満足しているかを理解が進み、ロイヤル転換へのシナリオがイメージしやすくなります。

|Step.5 ロイヤル顧客がファンになり新たな顧客を呼ぶ仕組み

「ロイヤル顧客がファンになり新たな顧客を呼ぶ」仕組みをつくります。ロイヤル顧客のフィードバックをレビューや投稿として反映することで、新規ファンの獲得に活用できます。

Webサイトにレビューができる仕組みをつくったり、ファンコミュニティサイトをつくったりできますが、まずはSNS投稿を通して、顧客の声を募ることをおススメします。

上記の5つのStepをサイクルとして回していくことで、ロイヤル顧客化の一連のフローをつくることができます。


―――

CDPを構築して、分析を進めて、実際のCRM施策を行うにあたって、フェーズごとに、ポイントポイントで施策を打つことも重要なのですが、フェーズを一連のサイクルの中の一つと捉えて顧客との関係を構築し続けていけるようになっていくことがさらに重要になっていきます。今回のnoteはここまでです。また次回のnoteでお会いしましょう!

ーーー

✏この記事の著者✏

画像2

小畑 陽一(オバタ ヨウイチ)
株式会社UNCOVER TRUTH 取締役 COO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
music.jpやルナルナを手がけるエムティーアイ社出身。ソリューション事業責任者として、大手企業向けモバイルサイト構築ソリューションで、国内ナンバーワンのASPサービスを展開。2014年、取締役として株式会UNCOVER TRUTHの取締役COOとして経営に参加。経営・事業戦略とマーケティングを管掌。ad:tech Tokyo / Kyushu、宣伝会議、MarkeZine、Web担当者フォーラムなど講演活動多数。
著書:『ユーザー起点マーケティング実践ガイド』(CDP専門書籍)




最後までお読みいただきありがとうございます!UNCOVER TRUTHのニュース、更新情報をTwitterで発信しています。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします♬
CRMエージェンシーとして、クライアント企業のオンラインとオフラインの統合データ分析・コミュニケーション施策立案・実行PDCA運用などのデジタルマーケティング活動支援を行うUNCOVER TRUTHがノウハウや実例を織り交ぜてお届けする、DXマーケ担当者を応援するメディアです。