CDP統合データ活用! 顧客理解に向けた初期分析4つのステップ(概要編)
見出し画像

CDP統合データ活用! 顧客理解に向けた初期分析4つのステップ(概要編)

DXnote公式

こんにちは、DXnoteです。

DXnoteでは、企業のDX推進に貢献するため、データ基盤(DWH/CDP)・マーケティング基盤(MA/接客など)の側面から情報発信をしていきます。

CDPを構築して、顧客データの統合ができたら、統合されたデータを活用し、顧客理解に向けた「状態把握」&「可視化」のステップに入ります。

今回はCDP統合データ活用への第一歩『顧客理解に向けた初期分析4つのステップ』についてお話しします。

|顧客理解に向けた初期分析4つのステップ

画像1

出典 著者名:小畑 陽一 (著), 菊池 達也 (著), 仁藤 玄 (著) 書名:ユーザー起点マーケティング実践ガイド 出版社:マイナビ出版社 出版年:2021 該当ページ:87

|①顧客とデータソース、各種ID保有率の把握

まずは、データと顧客がどの程度紐づいているのか?
統合顧客(すべての顧客)における各種データソースの紐づき率である「各種ID保有率」を確認します。CDPでデータを統合していくと、必ずしもすべてのデータが顧客に紐づくわけではありません。一つのデータしか紐づかない顧客、複数のデータが紐づく顧客と、まずはその状態を確認しましょう。

|②顧客の属性を把握

性別・年齢や居住地域などの顧客の「属性」を分析し、自社の顧客像を把握しておきましょう。すでに把握されている場合は次に進んでいただいて大丈夫です。とはいえ、CDPには新しく取得した顧客データが次々と蓄積されていきます。キャンペーン施策などを実施したときにどのような顧客を獲得できたのかなど、顧客属性に変化がないかを随時確認するとよいでしょう。

|③自社サービスのファネル区分ごとの傾向を把握

自社サービスの「ファネル」区分で分析し、区分ごとの顧客構成や売上構成の傾向を把握しましょう。例えば「未購入客、初回購入客、2回目購入客、リピート購入客、休眠顧客」や「申し込み以前(検討中)⇒仮申し込み⇒申し込み⇒離反」など自社にあった区分で顧客構成を把握しましょう。

|④行動データから行動の傾向を把握

各種行動データにおける行動量分布など「行動群」を分析します。アクセスログやメルマガログ、購買データなどのトランザクションデータから行動量の分布を取り、行動量における期間回数などの傾向を把握しましょう。これらのデータに対して「顧客数」も集計していきます。売上指標などの成果指標があれば併せて集計し、売上構成もつかめると、なお良いですね。

ーーー

今回はここまで、まずは流れと概要をお伝えしました。
次回は『CDP統合データ活用! 顧客理解に向けた初期分析4つのステップ(詳細編)』と題して、上記内容を図解と実際のデータを交えながら順に細かくご紹介していきます。それではまた次のnoteでお会いしましょう!

ーーー

✏この記事の著者✏

画像2

小畑 陽一(オバタ ヨウイチ)
株式会社UNCOVER TRUTH 取締役 COO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
music.jpやルナルナを手がけるエムティーアイ社出身。ソリューション事業責任者として、大手企業向けモバイルサイト構築ソリューションで、国内ナンバーワンのASPサービスを展開。2014年、取締役として株式会UNCOVER TRUTHの取締役COOとして経営に参加。経営・事業戦略とマーケティングを管掌。ad:tech Tokyo / Kyushu、宣伝会議、MarkeZine、Web担当者フォーラムなど講演活動多数。
著書:『ユーザー起点マーケティング実践ガイド』(CDP専門書籍)


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございます!UNCOVER TRUTHのニュース、更新情報をTwitterで発信しています。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします♬
DXnote公式
企業のカスタマーデータのビジネス活用支援をしている株式会社UNCOVER TRUTH| カスタマーデータ活用に向けたマーケティングデータ基盤(DWH/CDP~MA/接客)の設計・構築・分析・BI可視化・施策・事例をメインに情報発信中📢|書籍📚 ユーザー起点マーケティング実践ガイド