CDPについて理解を深めましょう。ハブ機能としてのCDPについて書いてみました
見出し画像

CDPについて理解を深めましょう。ハブ機能としてのCDPについて書いてみました

こんにちは、UNCOVER TRUTHの小畑です。

DXnoteでは、企業のDX推進に貢献するため、データ基盤(DWH/CDP)・マーケティング基盤(MA/接客など)の側面から情報発信をしていきます。
※更新情報はTwitterでもお知らせしています。
https://twitter.com/uncovertruth_

今日はCDPのハブ機能について触れていきたいと思います。ノンテク(IT部門でない)の人もぜひ読んでみてください。自分で構築できなくても、作り方を知っておくことでIT部門やパートナー会社の人たちとスムーズなコミュニケーションが取れるようになると思います!

|CDP構築の概要説明

まずはCDPを取り巻く全体像を把握してみましょう。CDPは「データのハブ」という側面が非常に重要な概念理解となります。「ハブ(hub)」と表現した理由は、インプットとアウトプットの両軸の機能を搭載しているためです。CDPは「ハブ」としての機能特性を有します。

CDP構築

①インプット:顧客理解を深めるデータ統合

CDPに集積するデータの多くは、「1st Partyデータ」と呼ばれる「自社保有の顧客データ」です。Webやアプリのオンライン行動データだけでなく、リアル店舗での購買情報(POSレジ)や来店チェックイン、顧客カルテ、コールセンターの架電/入電、アンケートなどのオフラインデータもこれに含まれます。一人ひとりの顧客に対してオンラインとオフラインのデータが一元的に統合されます。

「3rd Partyデータ」についても触れておきます。調査会社のデータや気象データなど、いわゆる外部から取り入れるデータです。自社のビジネスに関連する外部データを取り込むこともできます。

天気によって適切なシャンプーをオススメするマーケティングは有名ですよね。雨天や湿度が高い日にはサラサラ・ふんわりするシャンプー、カラッと晴れた日にはしっとりするシャンプーをオススメする手法です。顧客が登録しているエリア情報と天気予報を掛け合わせて、翌日の天気予報に合わせてシャンプーのレコメンドを出せると、目的別にそれぞれの用途のシャンプーが売れるという神ワザ的なマーケティングです。これも、顧客に届けたいサービスや体験を想定すれば、CDPにどのようなデータをインプットすべきか見えてくるでしょう。

②アウトプット:CRM施策活用のためのツール連携

CDPは、インプットだけでなくアウトプットにも特徴があります。それは、CRM施策の実行ツールとの自動連携です。MA(Marketing Automation)や、レコメンデーションツール、Webやアプリの接客ツール、A/Bテストツールなどパーソナライゼーションを実行する各種ツールとの連携です。連携した各種ツールに対して、CDPは司令塔の役割を担います

CDPに顧客データが蓄積され顧客状態が把握できることで、顧客一人ひとりに最適化されたコミュニケーション施策を統合管理することが可能です。

③データ統合とツール連携によるメリット

CDPを利用することで、顧客一人ひとりに適したコミュニケーションチャネル(メールやLINE、Webサイト上など)、適したタイミング(時間帯や曜日、特定時期)、適したコンテンツ(興味関心に合わせた情報)を配信することが可能となります。つまり、チャネル、タイミング、コンテンツを個客に合わせてコントロールすることができるのです。

一昔前のCRM施策のような一斉配信型マーケティングの課題を解決します。CDPの活用により、見ていないメール、見ていない時間帯、興味のない情報を送りつけるようなことがなくなります。当たり前のようで、なかなか実現が難しい問題を乗り越えることができるようになります。

・・・

いかがでしたでしょうか?CDPのハブ機能をご理解いただければ、従来からあるデータベースやデータウェアハウスといったデータ蓄積型のものとは一線を画していることがお分かりいただけるかと思います。

ところで、PLAID社が販売しているCDPは「KARTE Datahub(カルテ・データハブ)」という商品名です。CDPの特性をズバッと言い表している商品名ですね。

CDPの特性を理解して、十分に使いこなせるように一緒に勉強していきましょう!それではまた次の記事でお会いしましょう。ご覧いただきありがとうございました!

ーーー

「CDP無料診断」やっています!マーケティング課題に対してCDP活用をお考えの皆様へ、目的実現のために在るべきデータ構造を貴社に合わせて弊社が診断・ご提案いたします。


最後までお読みいただきありがとうございます!UNCOVER TRUTHのニュース、更新情報をTwitterで発信しています。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします♬
CRMエージェンシーとして、クライアント企業のオンラインとオフラインの統合データ分析・コミュニケーション施策立案・実行PDCA運用などのデジタルマーケティング活動支援を行うUNCOVER TRUTHがノウハウや実例を織り交ぜてお届けする、DXマーケ担当者を応援するメディアです。