新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

CDPをこのメディアの主要テーマにした理由

DXnoteでは、企業のDX推進に貢献するため、データ基盤(DWH/CDP)・マーケティング基盤(MA/接客など)の側面から情報発信をしていきます。

今日もお付き合いくださり、ありがとうございます!

|CDPはオンオフの融合と効果を増幅させる装置

さて、コロナ禍で日本のデジタル推進は、3年早まったと言われています。コロナ感染症の拡大は、店頭商売を中心とする多くの業態に甚大な影響を及ぼしました。非接触を余儀なくされる中で、デジタル活用が急速に進められてきました。

広く語られているDX事例の多くは、リアルな商売が縮小しているので、オンラインチャネルを拡張して減少分を補填しようという方法論が多く見受けられます。しかし、その表層的な話ではデジタル推進の底力を見誤るのではないかと危惧しています。

本メディアでCDPを主要テーマに取り上げる理由は、CDPの特性がオフラインとオンラインの「融合と相乗効果」を増幅させる装置だと考えているからです。この「装置」であるという考え方がミソです。

オフラインでの顧客体験を改善したり、拡張したりするために、データ活用が強力に価値を発揮します。CDPはオンラインとオフラインの垣根をなくし、双方のチャネルが融合された顧客体験を実現するための必須基盤(=装置)となるでしょう。CDPを活用することで企業と顧客の関係性は「顧客起点」に変革され、ビジネスインパクトを高めていくことでしょう。

正の循環

|顧客理解と施策進化のサイクルで事業成長

顧客とのつながりを活かし、オフラインとオンラインの顧客の全行動データを集めて統合する。統合されたデータは分析を繰り返し、顧客理解の促進と施策立案に活用される。施策を実行し、顧客から良質なフィードバックデータを得ることで顧客理解をさらに深め、施策が進化するサイクルを確立しています。

施策が進化するサイクルにより「顧客関係性」を強化する。顧客関係性を強化することで「事業成長」という果実を育てる。この事業成長は、顧客起点のマーケティングにより実現されています。

こういったメカニズムを戦略的に構築し、体験増幅とデータ獲得が相互に作用するメカニズムを「価値交換のループ」と考えます。CDPはこのメカニズムであるループを回転させるために必要に有効な装置となります。

価値交換ループ図

本メディアはCDPを活用している、もしくは導入を検討しているマーケティング担当者の教科書となることを目指して、これからたくさんの記事をご紹介できればと思っています。乞うご期待ください!

ーーー

「CDP無料診断」やっています!マーケティング課題に対してCDP活用をお考えの皆様へ、目的実現のために在るべきデータ構造を貴社に合わせて弊社が診断・ご提案いたします。


ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします♬
CRMエージェンシーとして、クライアント企業のオンラインとオフラインの統合データ分析・コミュニケーション施策立案・実行PDCA運用などのデジタルマーケティング活動支援を行うUNCOVER TRUTHがノウハウや実例を織り交ぜてお届けする、DXマーケ担当者を応援するメディアです。