DXnoteで解決したい課題について
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

DXnoteで解決したい課題について

こんにちは。UNCOVER TRUTHの小畑です。

DXnoteでは、企業のDX推進に貢献するため、データ基盤(DWH/CDP)・マーケティング基盤(MA/接客など)の側面から情報発信をしていきます。

今回は「DXnote」で、どんな課題を解決したいと思っているのかについて触れてみます。「CDPをビジネスの現場でしっかりと活用できるようにする!」という想いから、本メディアを立ち上げました。

|CDP導入☞活用☞本来の目的を達成するために

せっかく導入したCDPなどのマーケティング基盤が、十分に活用されていない課題をたくさんみてきました。活用方法などの手法論も、そもそもDXによるビジネス変革の事例など、知見という引き出しがたくさんできれば、そういった課題を解決する一助になれるのではないかと思っています。

CDP導入が目的にすり替わっている現象を解決したいと思います。そもそもの目的は企業と顧客の関係性の変革だと思います。そして収益のメカニズムをトランスフォームします。CDPはその大義を実現するための手段にすぎません。手段と目的が入れ違わないよう、少しでもお役立ち情報をお届けできれば嬉しく思います。

CDPに関する技術的な知見から、企業の活用事例までを読み解きながら、読者のみなさまとともに「データを活用したマーケティング」について学べるメディアにしたいと考えました。

|様々なデータやマーケティングツールもあるのに・・

さてさて、この課題を端的にお伝えできるエピソードがあります。先日、クライアントであるアパレル企業のEC担当者から聞いた話です。

画像2

「最近、店舗のスタッフから、ECサイトを改修してほしいと相談を受けるんです。なんでもコロナ禍になってからというもの、お客さまの購買行動が変わったのだと。お店の滞在時間を減らすために事前にスマホサイトで商品を下調べして、指名買いをするお客さまが増えたようです。だから、お店の在庫情報を出したり、店舗取り置きのボタンをつけてくれないか。できれば下調べしているお客さまに、メールで来店促進する連絡を取りたい、と。」

コロナ以前はECサイトに対してアイデアを持ち寄るどころか、部署間の連携もあまりなかったようです。店舗運営の営業部門と、デジタルを推進するEC部門では、売上を取り合う関係性だという認識が、昔から会社の中に根深くあったとのことでした。

ここでは良し悪しの話は置いとくとして、消費者である顧客の行動変容だけでなく、その変化を敏感に感じ取った店舗スタッフの「認識の変化」も非常に興味深いものでした。

お店に訪れたお客さまに接客をしていた店舗のスタッフは、「店舗に来る前」のお客さまの行動に興味をもつようになったのです。つまり、接客はお店に来る前からすでに始まっていたと気づいたのです。顧客を起点に、オフラインの店舗事業と、オンラインのEC事業が、まさに融合するきっかけになるとワクワクしながら話を伺いました。

しかし、もう少し話を聞いてみると、大きな課題に突き当たりました。店舗スタッフから相談された機能改修は、システム的には実現可能にも関わらず、手を打つことができていなかったのです。

すでに多機能なEコマースパッケージを導入していて、CDPなども整備され、在庫データもECサイトだけでなく店舗への出荷状況まで管理されており、MAなどのマーケティングツールも用意されていたのに…。なぜ?

|データ活用(企画や方法)の情報不足を解決したい

データやシステム基盤がどれだけ整っていても、実施すべきソリューションを導き出す「引き出し」が圧倒的に不足している証左ではないでしょうか。顧客により良いサービスを提供する資源があるにも関わらず、企画や活用方法に落とし込むまでの情報や知見が不十分です。商売の観点から見れば、みすみす集客機会を逃しているかもしれません。ではないでしょうか。顧客により良いサービスを提供する資源があるにも関わらず、企画や活用方法に落とし込むまでの情報や知見が不十分です。商売の観点から見れば、みすみす集客機会を逃しているかもしれません。

本メディアはこのような課題を一社でも多く解決できることを願い、データ活用の”いろは”と、企業事例まで幅広く情報を集めていきたいと思います。

|CDPはデータの司令塔

本メディアの主題となるCDPは、オンラインとオフラインの両チャネルにおける顧客の行動データを、統合して蓄積できます。そして、分析基盤への連携も自動化され、顧客理解を加速させることができます。さらに、顧客との接点チャネル(Web、アプリ、SNS、店頭接客)へ、顧客一人ひとりにパーソナライズされた施策を実行する司令塔の役割を果たします。これからの時代において、マーケティング基盤を活用するノウハウは必要不可欠な企業資産となるでしょう。

DXnoteでは、企業のDX推進に貢献するため、データ基盤(DWH/CDP)・マーケティング基盤(MA/接客など)の側面から、みなさまにお役に立つメディアを目指して、これからコツコツと記事を書き溜めていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いします!

ーーー

「CDP無料診断」やっています!マーケティング課題に対してCDP活用をお考えの皆様へ、目的実現のために在るべきデータ構造を貴社に合わせて弊社が診断・ご提案いたします。



最後までお読みいただきありがとうございます!UNCOVER TRUTHのニュース、更新情報をTwitterで発信しています。

ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします♬
CRMエージェンシーとして、クライアント企業のオンラインとオフラインの統合データ分析・コミュニケーション施策立案・実行PDCA運用などのデジタルマーケティング活動支援を行うUNCOVER TRUTHがノウハウや実例を織り交ぜてお届けする、DXマーケ担当者を応援するメディアです。